珊瑚のお手入れ方法は?珊瑚アクセサリーの取扱説明書!

  • 珊瑚

珊瑚のお手入れ方法は?珊瑚アクセサリーの取扱説明書!

2018.11.20

珊瑚のアクセサリーは可愛らしく上品で、非常に女性に人気があります。
また、アクセサリーのお手入れ方法を知ると、より魅力的で長く愛用できることがお分かり頂けると思います。
簡単な取り扱い方法を、分かりやすく解説していきます。

普段のアクセサリーのお手入れ方法

アクセサリーの普段の取り扱い方法は、非常に簡単です。特に艶を維持することを心掛けましょう。まずは、基本的な取り扱い方法です。手元に乾いた柔らかい布を用意します。
購入する場所選びのポイント
布がない場合は、ティッシュでも可能です。
それらを用いて、アクセサリー全体を優しく撫でるように何度も拭きます。
それだけで、普段の使用した後の取り扱いは十分です。
次に、アクセサリーによっての取り扱い方法です。
ネックレスの場合、事前に特殊な処理がしており、汚れにくいよう加工されている可能性があります。
それを知らずに、毎日布で何度も拭くと、加工自体が取れてしまう恐れがあります。
そのため、ネックレス購入の際は、必ず加工されているかお店側に確認することが大切です。
加工されていない場合は、通常通り乾いた布で拭き、隙間などはティッシュやブラシ等を用いて、汚れを掃き出すようにします。
汚れは、その日のうちに綺麗にすることを心掛けましょう。
また、ピアスの場合も同様に加工されているかの確認が必要となります。
ピアスは装着時や使用する際など、直接皮膚に触れる時間が多いため、汚れには注意が必要です。
布を用いて、直接皮膚に触れた部分を中心に汚れを落とすことが大切です。
指輪に関しては、比較的加工されていない場合が多いため、毎日汚れを落とすように心掛けましょう。

汚れが落ちにくい場合の対処方法

毎日取り扱い説明書通りに使用していても、アクセサリーが汚れてしまう可能性はあります。
そのような場合は、慌てずに適切な対処をすることが大切です。
まず、珊瑚は非常に汚れに弱いです。
出来る限り汚れた場合は、早めに対処することが理想的です。
汚れが乾いた布で拭いても取れない場合は、中性の洗剤で軽く洗い、すぐに乾かす方法があります。
乾いた後に布で拭くことも大切です。
そのことで、汚れが取れるのと同時に艶を取り戻すことができます。
しかし、洗剤によって化学反応を起こし、アクセサリー自体が変色する恐れがあるため、洗剤やアクセサリーの取り扱い説明書をよく読んでから行うようにしましょう。
また、どうしても汚れが取れない場合、業者によりアクセサリーの磨き直しを行なっている所もあります。
磨き直しでも取れない場合は、表層を軽く削りながら形を整えてくれるサービスもあります。
しかし、この場合アクセサリーが購入時と違う形や、小さくなる可能性もあるため、事前に確認してからサービスを受けることが大切です。
また、業者により料金設定も異なるため、いくつかのサイトから比較検討し、口コミなども参考にしてから選ぶようにしましょう。
また、ネックレスやピアスの金具自体に故障があった場合、金具の取替えと同時に、アクセサリーの磨き直しができるサービスもあります。
艶を取り戻すだけで新品同様に輝き、長く愛用できるためお薦めです。
アクセサリーは、汚れが落ちない場合はすぐに諦めず、様々な方法やサービスを用いて、輝きを取り戻すことが可能なことを知っておくことが大切です。

普段アクセサリーを使用する場合の注意点

アクセサリーの普段の取り扱い方法は非常に簡単です。
毎日意識し、継続して行うことで、長く愛用して頂くことが可能となります。
仮に、取り扱い説明書通りに使用しなかった場合、水や汚れが少し付いただけで変色してしまう恐れがあります。
そのため、毎日お手入れを欠かさないことが大切となってきます。
また、酸に弱いということをポイントとして覚えておくことをお薦めします。
例えば、人の汗も酸性のため、注意が必要です。
汗がアクセサリーに付着することで、艶がなくなり変色しやすくなります。
汗をかきやすい方は特に汚れを落とすことを心掛けましょう。
また、普段家事をされている方は、日常生活においても注意が必要です。
特に、調理時はアクセサリーを外すことをお薦めします。
酸の他に、熱にも非常に弱いです。
そのため、高温や火気の近くには置かないことが大切です。
また、入浴時においても同様に外すようにしましょう。
高温なのに合わせて入浴剤などがある場合は、硫黄や酸なども含まれるため注意が必要です。
その他、ネックレスやピアスには金具が付いているため、錆びないように水回りには置かないようにすることが大切です。
また、アクセサリーには特殊な接着剤で固定されている場合もあるため、大事に優しく扱うように心掛けましょう。

珊瑚のアクセサリーは、取り扱いに注意するだけで、長く使用できる非常に優れたものです。
また、見た目の可愛らしさから、若い世代から年配の方まで、年齢問わず長くご使用頂けます。
酸や汚れに弱いため、汗や高温、水回りには注意が必要です。
普段の取り扱いは、乾いた布で拭くだけで艶は十分維持できます。
大切に優しくアクセサリーを扱うことで、長持ちします。