翡翠のお手入れ方法は?イヤリング(ピアス)やかんざしで人気の翡翠アクセサリーの取扱説明書!

  • 翡翠

翡翠のお手入れ方法は?イヤリング(ピアス)やかんざしで人気の翡翠アクセサリーの取扱説明書!

2018.11.20

宝石によって、強度も異なり、強い衝撃が加わると、ひび割れを起こしてしまう物もあるため、注意が必要です。
石に汚れが付いてしまう事もあるため、日ごろの正しいクリーニングの仕方を学ぶ事も大切ですし、クリーニングを任せる事ができるお店に注目です。

日頃のお手入れも重要なポイントです

翡翠は丈夫な宝石なので、普段のおしゃれでアクセサリーとして身につける場合も長持ちしますが、きれいな輝きを維持するために、お手入れ方法を学ぶ事は大切です。
お気に入りの商品を見つけて、購入する方もいますし、親が使っていた物を子供がゆずってもらうなど、次の世代も大事に使うケースもあります。
購入する場所選びのポイント
日頃からきれいな状態を維持したい方は、柔らかい布で軽く汚れをふき取るだけで、十分にきれいな状態を維持する事が可能です。
汚れが付いてしまうなど、目立ってしまうケースは、刺激を抑えるために、中性洗剤をぬるま湯に少し入れて、浸しておくことで、汚れを落としやすくなります。
細かな所もきれいに汚れを落とせるようにするため、ブラシを使って、汚れを落とすことができますし、ブラシが入りにくい場所は、つまようじを使う方法もあります。
汚れをきれいに落とすことができたら、水洗いをして洗剤を落とし、しっかりと乾燥させることで、状態を整えていけます。
宝石を超音波洗浄できれいに汚れを落とす方もたくさんいますが、ダイヤモンドなどと違って、ヒスイは表面に傷が付きやすいため、簡単に汚れを落とせるからといって超音波洗浄を使うのはよくないです。
また、乾きすぎてしまう状態もダメージを与えてしまう恐れがあるため、長期間収納ケースにしまったままの状態にしている方は、定期的に上体をチェックする事が大切です。
乾燥対策もきちんと考えて、少量のオリーブオイルを使う事で、きれいな光沢を保ち、安心して身につけることができるようになります。

強い衝撃を与えないことも必要です

ヒスイは、イヤリングやかんざしでも愛用する方は多く、日頃から使っている方は、扱いに慣れているからといって、雑に扱ってしまう事のないように注意する事が求められます。
ヒスイは割れにくく、丈夫な石なので、安心して身につける事ができる物ですが、強い衝撃が加わると、割れてしまう可能性があります。
持ち歩くときに落としてしまったり、アクセサリーを身に着けた状態で走りまわり、壁などにぶつけてしまうなど、ひび割れの原因となる行動をとる事のないように、注意が必要です。
ひび割れが原因で、ほこりが入りやすくなるだけではなく、奥にまで汚れが付いてしまい、手入れが大変になってしまう事も考えられます。
身に着ける時の衝撃だけではなく、他の宝石と一緒に収納ケースに入れて保管する場合、それぞれの石がぶつかり合って、傷ができてしまう事のないように注意する事も大事です。
日頃のお手入れを自分で行う事も大事な事ですが、長期間、身に着け続ける方の中には、なかなか落とせない汚れが付いてしまう場合があります。
宝石に詳しいプロに、クリーニングの依頼をする事で、素人では落とすのが難しい汚れも、プロの技で宝石を痛める事のないように注意しながら、クリーニングを行ってくれます。
定期的にアクセサリーショップで、クリーニングの依頼をする方も多く、お店のサービス情報を集める事も重要になります。
お店で宝石を購入する際に、アフターサービスが充実するお店もあるため、一定期間、クリーニングを無料で行ってくれる所を見つけるなど、クリーニングをプロに任せる事にも注目です。

光沢と買取サービス利用の選択肢に注目です

ヒスイのイヤリングなど、長期間身につけている場合も、ツヤが増していき、より魅力的な仕上がりになると感じる方もいます。
その理由は、人の脂がワックスの代わりとなり、ツヤが増すため、愛着を持って使い続ける事も状態を整えていく事につながります。
商品の中には、ワックス加工がされている物もあり、はじめから磨いて、光沢が増している商品もあるため、鑑定書の内容を事前にチェックする事も大事です。
長期間使っていない翡翠のイヤリングやネックレスなどを持っている方は、買取できるチャンスがあるため、専門店で査定を依頼する事をおすすめします。
しばらく使っていない場合でも、油を少し使って、光沢を出すことが可能なので、状態を整える事で、きれいな状態で査定をする事ができ、査定金額アップにつながります。
専任鑑定士がいる買取専門店を見つける事は重要ですし、店頭買取以外にも、近くにお店がない場合は、宅配買取サービスを利用する方法があります。
物によっては、鑑定書がなかったり、傷があっても、買取できる可能性があるため、一点一点丁寧に査定をしてくれるお店を見つける事が重要です。

長期間使っていないヒスイのイヤリングやネックレスでも、正しいクリーニング方法や光沢の出し方を学ぶ事で、状態を整えてから、買取の依頼ができます。
状態が良い物なら、査定をする際に、査定金額アップにつながるため、きれいな状態に仕上げる事は必要です。