コラム

  • 翡翠

価値が高い翡翠はどんなもの?

2018.06.07
翡翠は宝石としても人気があります。
翡翠の宝石は独特な特徴がありますが、どのような翡翠だと宝石として価値が有るのでしょうか。
また、価値が低い翡翠を高価買取りしてもらうコツはあるのでしょうか。
ここではそんな気になるポイントについて紹介しましょう。

価値がある翡翠について知ろう

翡翠の価値を決める要素は様々あります。
例えば、翡翠の要素を決めるものの一つが産地です。
翡翠の産地によってはかなり高値にて中古宝石店などで売れることもあります。
このため、翡翠を購入したりする際には鑑定書などを必ず確認しておくようにすると良いでしょう。
価値が高い翡翠はどんなもの?

他に翡翠の輝きも重要なものです。
翡翠の輝きは輝度によって表されますが、輝度が低い翡翠だと宝石としての価値も少なくなってきます。
こうしたことは素人では判断することも難しいですが、輝度を上げるためには専用ワックスを用いて、しっかりと手入れをしておくことも大事です。
逆に長期間放置された翡翠は輝きも失われてしまって価値がかなり下がることがあります。

翡翠のカラーも価値と大きく関わってきます。
例えば、翡翠にも無色のものもあれば赤色のものもあります。
パープルの翡翠や黄色の翡翠もありますが、それぞれでかなり価格が変わってくることもあります。
カラーが異なるからといって基本的に違いはそこまでないのですが、やはり赤色の翡翠などは人気が高くて市場価値も高くなりやすいです。

他に黄色の翡翠も人気が高いものの一つです。
こうした翡翠を持っているならば中古宝石店などでも高く売れることでしょう。

こうした翡翠の価値を高める要素はいろいろとありますが、逆に翡翠の価値を下げてしまう要素もいろいろとあります。
例えば、ヒビなどがある翡翠は全く価値が出ないことがあります。
ヒビが入ると直すのは大変で、中古宝石店などに持って行っても買取を断られることもあるためです。
このため、ヒビなどが入っている翡翠を売る際には気をつけておきましょう。

翡翠自体には何も問題がなくとも付属品の状態が悪いと翡翠自体の価値も下がります。
例えば、金属部分が錆びているなどする翡翠のネックレスはかなり価値も下がります。
サビなどであれば洗浄を業者に依頼することで落ちますから、中古宝石店に持っていく前に自分でなんとかしてみるのも良いでしょう。

変色している翡翠も要注意です。
翡翠の色は赤色などいろいろなものがありますが、日にさらされるなどすると変色を起こすことがあります。
変色した翡翠は価値的にも大幅に下ってきますから気をつけましょう。
変色を起こさないようにするためにも保管はしっかりとしておきたいところです。

鑑定書がない・保証書がないなんて場合にも翡翠の価値を下げてしまいます。
鑑定書がない翡翠は買取店に持って行っても買取を断られることもあるのです。
鑑定書はそれだけ大事なものですから、翡翠をお店に持って行く際には鑑定書は必ずつけておくようにしましょう。
もしも翡翠の鑑定書がない場合には鑑定を自分で依頼して鑑定書を作成してもらうのもありです。

このように翡翠の価値を決める要素は様々です。
このようなことを知っておけばより翡翠も有効に売却してく事ができるはず。
翡翠の価値が低くとも少し手入れをすれば蘇ることもあります。
お店に持って行って「サビがあるから買取できません」などと言われたら錆落としなどをしてみるのも良いでしょう。

翡翠を売る際には翡翠買取専門店を活用するのもあり

翡翠をこれから売るならば翡翠買取専門店を利用することもできます。
翡翠買取専門店を利用することでより高値で翡翠が買い取ってもらえることもあるのです。
翡翠買取専門店はそこまで多くありませんが、宅配買取しているようなあります。

実際に翡翠を売る際には上記で紹介したようなポイントを参考にするとともに価格交渉もしていくことがおすすめです。
価格交渉をすることで数割も買値が変わってくることもあります。
翡翠もモノによってはかなり価値が高いものもありますが、価値が高い翡翠であればあるほどに交渉もしやすくなってきます。

翡翠を売った後に「他のお店だともっと高くうることができた」と後悔するケースが多いこともポイントです。
これは翡翠を売る前に市場価格について調べてなく、買取査定を一社にしか依頼しない場合に起こります。
これを防ぐためにも売ろうとする翡翠の価値については十分知っておくと良いでしょう。
翡翠の査定はなるべく数社に依頼しておくこともミスを防ぐコツになってきますから実践しておきましょう。

翡翠の買取価格は時期によっても変わってくることもあります。
例えば、春先と夏場でも買取価格は変動することもあります。
こうしたこともあり、買取店の買取価格をチェックしておくことも大事です。

このように買取価格は変動することもあり、押さえておきたいポイントは多いですから注意しておきましょう。