コラム

  • 翡翠

初心者におすすめの翡翠(jade)アクセサリーは?

2018.06.07
初めてヒスイ関連のアクセサリーを購入する際には何かと迷うものです。
アクセサリーも耳飾りから首飾りまでいろいろありますが、一体どのようなアクセサリーにしておけばいいのでしょうか。
ここではそんなヒスイをこれから購入する際に知っておきたいポイントについて詳しくなっておきましょう。

ヒスイアクセサリーを選ぶ

ヒスイのアクセサリーとしておすすめしておきたいのがネックレスです。
ヒスイのネックレスは人気が高いものであり、いろいろな宝石店で見かけることができます。
ヒスイのネックレスはゴージャスですし、ヒスイの独特な輝きを最大限に活かせるアクセサリーでもあります。
しかし、値段的は少し高めなことが難点かもしれません。
ヒスイは軽いこともあり、ネックレスにしてもそこまで首も痛くならないことも利点でしょう。

初心者にオススメの翡翠アクセサリー

このようにネックレスはおすすめですが、ヒスイを初めて利用する際にはネックレスは少し高くてためらってしまうかもしれません。
そのため、最初に購入するヒスイアクセサリーとしてはヒスイブレスレットを利用してみるのも良いでしょう。
ヒスイブレスレットは価格的にも安いですし、身につけやすくて重宝してきます。
ヒスイブレスレットは軽くてつけていても不自由感がありません。

ヒスイの指輪も人気があるところです。
ヒスイの特性としてたいへん割れにくい事がありますが、ヒスイの指輪であれば割れることなどを気にすることもなくて荒い使い方もできます。
ヒスイの指輪で手元を飾ればゴージャス感もでてきます。

このようにヒスイアクセサリーにもいろいろありますから、店頭でまずは身につけて比較してみると良いでしょう。
もしもどのようなアクセサリーにすればよいか迷った際には安いブレスレットなどから初めて見るのもありです。

ヒスイアクセサリーを購入する際にはヒスイ鑑定書がついているかも確認しておいてください。
鑑定書がないヒスイはやはり危険で、思わぬ散財になってしまうこともあります。
ヒスイだと思って購入したら実はプラスチック製だったなんて体験談もあります。
鑑定書があればヒスイアクセサリーを売る場合にも役立ってきますから、これからヒスイアクセサリーを購入するならばやはり鑑定書付きの製品がおすすめです。

また、ヒスイ関連のアイテムでコーディネートを統一してみるのも良いでしょう。
例えば、ヒスイブレスレットやヒスイネックレスなどを一緒に身につけてみるのも良いかもしれません。
この際、ヒスイアクセサリーはなるべく同じ色のものを選ぶことがおすすめです。

ヒスイにも後述するようにいろいろな色のものがありますから、色選びには気をつけておきましょう。
宝石店によってはアクセサリーからブレスレット、イアリングに至るまでヒスイ関連製品が揃ったヒスイ全身セットなども売られていることもあるので検討しておくことも良いでしょう。

ヒスイアクセサリーを購入したらその管理方法も気をつけておきましょう。
ヒスイも管理がしっかりなされないと変色して、輝きを失ってしまうこともあります。
逆にしっかり管理をしていれば何十年経っても元の輝きを失いません。

例えば、長期保管する際には湿度のあるところは避けておきましょう。
直射日光に直接当てないようにするといったことも大事です。
特にヒスイは酸化しやすいですから、酸化を防ぐためにも専用カバーなどに入れて保護しておくと良いでしょう。

輝きを失ってしまったら、宝石店に持っていけばメンテナンスをしてもらえて復活することもあります。
しっかりと管理されたヒスイアクセサリーであれば、宝石店などにヒスイを売る際にも高値で売ることもできます。

ヒスイの価値は色によって異なる?

ヒスイの価値は色によって異なることがあることも知っておきましょう。
ヒスイは緑色の鉱石であると思い込んでいる人もいるかもしれませんが、白色のヒスイもあればラベンダー色のヒスイもあります。
こうした色は15色以上にも及ぶと言われており、いろいろな色が混じったヒスイもあるほどです。

このようにヒスイは一つとして同じものがありませんが、好まれる色とそうでない色もあるので気をつけましょう。
例えば、緑色のヒスイは市場価値も高いことから売る際にも価格がつきやすくなっています。

一方、黄色のヒスイはあまり高く売れないこともあります。
このような色の違いがありますが、ヒスイの管理が劣悪だと色が変わることもあるので気をつけましょう。

ちなみに、天然ヒスイは染色されることもあります。
もともとは白色のヒスイだったのに染色されて緑色になったヒスイも宝石として売られています。
染色されたヒスイはナチュラル色のヒスイよりも価値が劣ることもあるので注意しておきたいところです。

元々の色が何なのかはごまかせると考える人もいるかもしれませんが、プロの目にかかれば元の色もわかってしまうので気を付けましょう。