コラム

  • 珊瑚

珊瑚で人気の色は?珊瑚の色は赤色だけじゃない!

2018.07.10
珊瑚は日本でもかなり身近な存在であり、年々取れにくくなっていることから、その価値も上昇しています。
日本だけでは無く海外での人気も高くなっており、ジュエリーとして見につけたり置物など飾り物として自宅に置いている人も多く、ステータスを表すものの一つともいえます。珊瑚の買取の相場
宝石サンゴは真珠と並んで、数少ない有機物由来の宝石の一つです。

サンゴというと赤色をイメージする人が大半ですが、カラーは赤だけではありません。
その中でも赤珊瑚は特に高い人気を誇ります。
もちろん濃くて深い赤の人気は高くなっており、血赤サンゴは高値で取引されていますが、赤以外にも人気があり高値で取引されているカラーもあるということを頭においておくようにしましょう。

赤以外で人気のあるカラーについて

深い赤が希少価値が高く人気もあることが印象のサンゴですが、赤以外にも希少価値が高く認可もあり高値で取引されるカラーもあります。
桃サンゴと呼ばれる赤に近い朱から、淡いピンクまで豊富なカラーバリエーションがあるのが特徴の一つであり、仏像などの彫刻や宝飾品で彫りが入っているものに多く加工されています。
そんな桃サンゴの中でも価値が高いのが、本ボケです。
血赤サンゴに比べると、その人気や希少価値は劣ってしまうことは確かですが、本当に混じり気のない均一な淡いピンクであり希少価値があります。
それ以外にも白も人気と希少価値があります。
白といってもよく目にするのはうすいピンクだったりセピアというものが大半となっているので、本当に真っ白で純白というサンゴはかなり珍しくなっています。
純白というのが条件であり、かなり珍しいことから高値で取引されています。

赤にもいろんな種類が存在している

宝石サンゴはカラーや産地によりいくつかの種類に分けることができますが、その中でも最も価値が高いのが、血赤サンゴと呼ばれるものです。
赤サンゴのなかでも特に色が深く濃いことが特徴であり透明感もあります。
血赤サンゴと同じように赤いタイプのものでは、紅サンゴという種類のものもありますが、これは日本産に比べると柔らかくなっていて、透明感もあまりありません。
サンゴに関してあまり知識がない場合には、赤ならば誰でも希少で価値があると考えてしまいがちですが、紅サンゴと血赤サンゴでは希少価値には大きな違いがあり、人気の高さに間違いがあるということは間違いありません。
濃く深い赤が希少であり、高値で取引されているということもあり、中には色を塗った偽物も存在しているので、サンゴを購入する際には本物かどうかしっかりチェックしてから購入することが必須となってきます。

手入れや保管状態による影響も大きく関係する

サンゴは赤か他のカラーなのかによる人気の高さや希少価値にも大きな違いがありますが、カラーやムラによるグレード分けもあり、売買される相場がわかりにくいものということも確かです。
一般的な宝石と比べると、デリケートな宝石であり劣化しやすいということも忘れてはいけません。
サンゴは酸に弱く、汗などが付着した状態で放置してしまうだけでも輝きを失ってしまいます。
一度輝きを失ってしまったら、いくら磨いても元の輝きを取り戻すことはできません。
どんなに人気のあるカラーのサンゴでも、劣化しているとその価値は大幅に下がってしまうことにつながってしまうので、扱いや保管には十分気をつけるようにしておく必要があります。
人気があり希少価値の高いものを所有しているという人の中には、売却しようと考えている人も多いのではないでしょうか。
サンゴ自体の希少価値が高まっていっている傾向にあることから、少しでも高く売れるタイミングを見計らいたいと考えるのも当然のことと言えます。
しかしサンゴは劣化しやすいものの一つであり、どんなに人気の高いものでも劣化してしまうと需要も減ってしまうので気をつけなくてはなりません。
手放す際には、サンゴの状態が少しでも良いうちに売却するようにするのはもちろんのこと、ジュエリーや置物の場合には、購入した時の入れ物や説明書など付属品の有無も関係してくることを頭においておくべきです。

サンゴは赤というイメージが強くあるように、確かに一般的には血赤サンゴの人気と価値は最も高くなっています。
しかしそれ以外にも純白のサンゴや本ボケの場合にはかなり希少価値が高く人気もあります。
サンゴを購入する際には、本当に本物なのかということをしっかり見極めてから購入することが重要になってきます。
不要なサンゴがあり手放す時には、その価値を十分理解した上で、本当に確かな目で判断してくれる買取ショップに査定に出すことを心がけておくようにしなければなりません。
かなり希少なもので、本来ならば高価な価格で売ることができるものでも、素人ではその良し悪しの判断が難しいことから、安値で買い取られてしまうということにもなりかねないので気をつけましょう。
特に、希少価値が高い血赤サンゴや本ボケ、純白なものの場合には、よく考えることが大切です。