珊瑚の取り扱い商品について









主な産地 日本・地中海・ハワイ沖
種 類 赤珊瑚 血赤珊瑚 古渡珊瑚 桃珊瑚 深海珊瑚 白珊瑚 黒珊瑚 青珊瑚など
取扱商品 原木 ルース カボション 丸玉 帯留 指輪 ペンダント ネックレス
ブレスレット ブローチ ループタイ イヤリング ピアス かんざし 根付など

■さんご(珊瑚)Coral

1)宝石珊瑚と(一般)珊瑚類の相違
宝石珊瑚(珊瑚類の中の花虫綱八放サンゴ亜綱Octocorallia)と一般の珊瑚(六放珊瑚亜種)では生体が違います。両者の生存する環境も特性も違います。
ですから一般珊瑚を処理しても宝石珊瑚の様にはなりません。

宝石珊瑚の科学的、宝石学的説明等
成分は主成分CaCo3と約3%のMg Co3です。
硬度は3.5~4 比重2.6~2.7 屈折率 1.65~1.49 (特性成分は大理石と同じです。)表面に固有の木目模様があり、プラスチック製等のイミテーションと識別できます。
ダイヤモンド、ルビー等の無機宝石(Inorganic material)対して真珠、琥珀、べっ甲、宝石珊瑚は生物由来宝石(Organic material)と分類されています。
真珠等と異なり、この宝石珊瑚は表面研磨により小傷を取ることにより、新品に蘇り、恒久的に楽しめます。

2)宝石珊瑚(貴重珊瑚)
宝石珊瑚は貴重珊瑚とも呼ばれております。
胡渡(こわたり)として古代から珍重され、日本においては遣唐使、室町時代(14世紀)には愛好されていました。古代の地中海珊瑚は欧州から中国、日本に流入されました。
この地中海珊瑚の大部分はイタリアにて加工されています。
この宝石珊瑚の生存するのは深海(100~400m)の13~16°Cの静かで清澄な水域です。
温度変化に敏感の為成長、繁殖が妨げられ、また乱獲等により、地中海では珊瑚はほとんど採取されていません。
地中海 ほとんど 産出なし 土佐沖(血赤 100~150㎜)東シナ海(モモ 赤 200~300㎜)八丈、小笠原近海、ミッドウェー等 

3)宝石珊瑚の価値評価(宝石的価値)
宝石珊瑚の価値は色相(血赤~ピンク~白)、品質(割れ等)、大きさにより評価されます。昔日本ではピンク系が好まれ高く評価された時代がありました。

他店より高く査定し、高価買取いたします。 まずはお気軽にお申込みください他店より高く査定し、高価買取いたします。 まずはお気軽にお申込みください

便利で簡単 選べる二通りの買取方法

  • お店で査定をしてもらう 店頭買取 いつでも直接お越しください
  • 自宅で詰めて送るだけ 宅配買取 申し込みはコチラ

お電話でのご相談も受け付けております!

  • 今すぐ買い取り相場を知りたい方
  • 03-5826-8302営業時間:10:00~19:00