人気だからこそ偽物も多い!素人でも見分けられるコツはあるの?

  • 珊瑚

人気だからこそ偽物も多い!素人でも見分けられるコツはあるの?

2018.11.20

珊瑚や翡翠を購入するときは、偽物について注意することが必要になります。
たとえ素人でも、偽物と本物との違いを見分けることができる重要なポイントがありますので、しっかりと入手する前に理解することが重要になります。

自分自身で実行できる方法について

自分自身でもできる見分け方があります。 見分け方に関しては多種多様な手法があります。
着実に解るのは材料そのものに手を加えることです。
購入する場所選びのポイント
しかしながらこうした見分け方につきましては、本物かどうかをすぐ認識できますが、素材そのものが正常でなくなってしまうのでお奨めすることはできません。

最もシンプルな見分け方に関しては、火を活用することによってあぶることです。
染色が施されているものであれば表面の塗料自体が溶け、燃えることになります。
本物では燃えることなどありません。
その次にトンカチなどの手段で叩くことがあげられます。
樹脂、あるいは海竹などまがい物は、表面だけ染色されていることが大半なので中に関しては白いです。
ガラス製であれば砕けます。
それに加えてプラスチックでしたら潰れたり割れます。
他に、軽く叩きますと金属音の様なとても高い音が出ます。
こうしたテクニックは、手を加えることから、万が一のケースでは壊れる可能性が高いのであくまでも知識のひとつとしておもちいただき、買取専門店や業者に対して鑑定のお願いをしましょう。

外見的にもポイントとなるところがあります

また、外見上もポイントとなるところがあります。
外見上の特徴を利用することによって鑑定をすることも不可能ではありません。
そのようなときのポイントとして 本物の表面は年輪と同じ様な縞模様が存在します。
しかしながら現在において流通している悪質品にも、ハイレベルな染色テクニックで模様が付加されてあるケースがありますので注意が必要です。
それに加えて虫食いと言われる穴であるとか、フと言われる白色の部分を付けてあることがあります。
虫食いにつきましては、枝の根元に非常に近い所などに虫食いが発生する状況を指します。
フと言いますのは本物の特徴のひとつで、原木の中枢に白色のフと言われている模様があります。
これに関しては日本産の特徴で、ほかのエリア内では見られません。
フ、あるいは虫食いなどは、指輪並びにネックレスの加工時には目立たぬよう裏手などに隠蔽して加工することになります。
にもかかわらずあえて見えるように加工してる理由を考えれば、本物でないと見い出すポイントとも言えるでしょう。
多種多様なキーになるところを比べると、本物かどうかを見抜くこともできますが、一番最適な見分け方は、何をおいても店での鑑定がお薦めできます。

人為的な翡翠との主な相違するポイント

また、翡翠を手に入れる際には気を付けておかないといけません。
土産店等でも見られることがありますが、こうした商品につきましては、模造品もあります。
模造品にも多数のものがありますから把握しておきたいところです。
見分け方として、ひとつの例として、プラスチック製がよく流通していますが、プラスチック製は相当安い値段で手に入れることができることもあり、知らず知らずに手にとってしまいがちです。
しかし、輝きに関しては本物と比較するべくもありません。
プラスチック製については、塗料などの手段で光沢感をキープしていることも多く、チープな印象が非常に強いことが特徴となります。
ほかに、軟玉にもかかわらず硬玉と見せかけて取り扱っている宝石店も見受けられます。
両方を見分けることはそれほどまで難しくないとは言え、上手く加工されているケースでしたら素人目では分かりにくいこともあります。
軟玉につきましては一般的に言って硬玉と見比べて大きく価値も劣ってきますから留意しておくことが重要になります。
また、 外側については本物なのに中身はまがい物のものもあります。
ヒスイに関して豊富な知識がある人でも、騙されてしまうこともあります。
以上のように購入する際には留意しておきたいことが多いですので気に留めておかないといけません。
あまり信用することができない店では手に入れないようにすることも重要でしょう。
とりわけおみやげの店で買い入れるのは注意しましょう。
現実の上での見分けるキーポイントですが、まず第一に光沢感並びに質感について確認しておくのが望ましいです。
光沢感に関してはそれほど強くないのですが、室内そのものが暗くても光沢感はさほど失われないことも特色になります。
また、質感に関しても本物だからこそのどっしりとした感覚があります。
そのような特色に関しましては当然本物を見て会得することが一番かもしれません。
従って、まず第一に名のしれた店まで足を運んで現実に目によって確かめてみると賢明でしょう。

珊瑚などを所有していると、心もとなさを感じるのが天然か否かということでしょう。
古くから希少価値の非常に高い宝石として愛用されていることから、その分だけ本物でない物もたくさんリリースされています。
加えて、天然でも、希少価値のあまり高くないものを加工していたりするケースもありますので、注意が必要です。
たしかに素人目には判断しにくいとも言われていますが、ポイントとなる所をしっかりと理解することが重要になります。